誰にも聞けない!結婚式のご祝儀の3つのマナーについて

by admin

ご祝儀の相場はどのくらい?

結婚式に招待された時ご祝儀を包む事となりますが、その金額が少なすぎるとケチと思われたり、多すぎると見栄っ張りと思われたりするのではないかと不安になってしまいますよね。また地域や家系によっても異なってきますが、大体の目安として友人の場合は2~3万円、親族の場合は3~10万円となり、夫婦で出席する場合は5~10万円となります。いずれにしても、四と九がつく数字の金額を包む事はマナー違反となりますので、注意が必要となります。


ご祝儀はどのようにして渡す?

ご祝儀を持って行く際には、ふくさに包むのがマナーとなります。そのままかばんやポケットなどに入れてご祝儀袋の状態で渡すのは、マナー違反になりますので注意が必要になります。そして一般的には会場の受付で渡す事になるのですが、その際には「本日はおめでとうございます」と一言添えるようにしましょう。そしてその後にかばんからふくさに包まれたご祝儀袋を取り出して、相手の方向へ向けたご祝儀袋を渡します。これが最低限のマナーとなりますので、守るようにしてください。


結婚式に欠席する場合、ご祝儀はどうすればいい?

結婚式に出席するつもりでいたが、急用が出来て欠席しなければいけなくなった場合には、渡すつもりでいたご祝儀をそのままお祝い金として渡すようにしましょう。出席しないから渡す必要がないと思われる方もいると思いますが、急にキャンセルになった場合には料理や引き出物のキャンセルが利きにくい場合が多いのです。そのため、そのお詫びの代わりに渡すようにしましょう。しかし1~2週間前にキャンセルになる場合には、料理や引き出物のキャンセルが利く可能性もあるため、お祝儀の3分の1~2分の1程のお祝い金もしくは品を贈るようにしましょう。



結婚式場を神奈川県にするメリットは、日本を代表する港町横浜で結婚式を挙げられること、そして新幹線や飛行機でのアクセスもよく、遠方の方にも無理なくご参加いただけることです。

Comments are closed.